SAYAKA

(菅野紗佳)

フリーランスフォトグラファー

 

1989年仙台市生まれ

 

高校卒業後、上京し

社員カメラマンとして年間100件以上のブライダル撮影に携わる

 

その後、ライティングやスタジオ撮影を勉強するため

東京都内スタジオにてアシスタント経験

ファッション、物撮り、アイドル、グラビア等、、、様々な撮影の現場でアシスタントを経験。

 

ファミリーフォトスタジオへ就職し、カメラマンとして年間200組以上の撮影に携わる。

 

家族"らしさ"をコンセプトにしたそのスタジオで、ファミリーフォトを撮影しているうちに

【家族写真】の意味を考えるようになる。

家族の"思い出"を残すファミリーフォトに惹かれるようになり

出張をメインとした活動へシフトチェンジする。

 

2015年福島へ活動の拠点を移しフリーランスフォトグラファーとして活動中。

 

ご家族の成長の舞台、思い出の場所

一枚の写真から

その時の

香り

気持ち

温度

感触,,,,

 

思わず目を閉じて、当時のことを思い出すような

そんな写真を残すために

出張撮影を中心に活動

 

ロケーションフォト・ベビーフォトが得意

 

好き

ベビー・シンプル・丸い・三角・お酒・ドライブ・ダイビング

 

ベビーフォトへの想い

ファミリーフォトが好きになったきっかけであるベビーフォト。

 

小さな体で、一生懸命泣いて、手足を動かして、「あうあう」といえば、同じく返してくれる、

そんな姿を見て、ただひたすら「愛おしい」という感情が湧き出てきます。

 

大きな瞳、ふっくらしたホッペ、手足

今しかない、そんな一つ一つがただただ愛おしく感じて、ベビーの魅力にはまる。

 

ベビーを可愛く見せる、角度、ライティング、仕草を考えて考えて研究した結果

今のナチュナルな自然光似のライティングスタイルとなる。

 

ベビーが笑顔になれば、周りの家族笑顔になる。

そんな瞬間に出会える、ベビーフォト。

私にとって、本当に特別な撮影です。